岡山県(津山市 岡山市 倉敷市近辺)の輸入住宅ならメープルホームズ津山・岡山

メープルホームズ岡山・津山 有限会社中尾建設

資料請求もお気軽にご連絡ください

Series

商品情報

コンテンポラリー

「洗練された空間」それがメープルホームズのコンテンポラリースタイルです。
海外のリゾートホテルのような上質で居心地の良い空間、しかも形式にとらわれない斬新なデザイン。
近年、海外ではこのスタイルを取り入れたデザイン住宅が高い評価を得ています。
日本での「モダン」と類似のニュアンスを思い浮かべる方も多いのですが、「居心地の良さ」「雰囲気」「デザイン性」などの点で日本のモダン住宅とは大きく異なります。
コンテンポラリースタイルは、部材の素材感、カラースキム、照明計画すべてにこだわり、洗練された空間づくりをご提案しています。

Exterior & Interieur

外観・内観写真

コンテンポラリースタイル・大阪府O様邸[エクステリア]
コンテンポラリースタイル・大阪府O様邸[エクステリア]
コンテンポラリースタイル・千葉県M様邸[エントランス・ドア]
コンテンポラリースタイル・東京都K様邸[エクステリア]
コンテンポラリースタイル・千葉県M様邸[リビング・ダイニング]
コンテンポラリースタイル・千葉県M様邸[吹き抜け・2階ホール]
コンテンポラリースタイル・東京都K様邸[子ども部屋]
コンテンポラリースタイル・大阪府O様邸[エントランスホール]

リゾートホテルの安らぎとデザイン性、
海外の洗練されたデザイン住宅をお届けします。

ゆったり心地よい空間 + 研ぎ澄まされたデザイン

人々が安らぎを求めて訪れるリゾート地。
そこに建つホテルの多くは、ゲストの思いに応えるために、
ゆったりと心地良い空間づくりを特徴としています。
部材は自然素材。その土地の特徴をエッセンスとして取り入れ、
「アイデンティティ」を強調します。
例えば、バリ島では現地の民族楽曲のBGMに癒やされ、
ハワイではハワイアンキルトのクッションでリラックスします。
そしてなによりも洗練されたデザイン品質です。
世界中からゲストをお迎えするために、
より優れたデザインをつねに追求しゲストを魅了し続けます。
メープルホームズのコンテンポラリースタイルは、
「心地よい空間+デザイン性」をご提案いたします。

素材感+

なぜ、海外の建物や空間は私たちを魅了するのでしょうか?
それは素材をとても大切にし、デザインアイテムとしても効果的に使用している点にあります。
例えばミコノス島にあるデザイナーズホテル。床は無垢の温かみのあるやわらかい材質で、壁の一部は真っ白な漆喰とモダンな絵画。素材感とスタイリッシュさをマッチさせて洗練された空間を創りだしているのです。

「木のぬくもり」「漆喰のしっとりとした質感」「凹凸のあるレンガ」と聞いてどのような住宅デザインを思い浮かべますか?モダンというカテゴリからは遠いと思われているかもしれませんが、これらはとても重要なマテリアルであり、デザインアイテムなのです。しかし、それを普通に使ってしまうとカントリースタイルと変わらなくなってしまいます。
使用する素材の面積や配色、そして他の素材との組み合わせ方や照明の当て方で、カントリーから洗練されたデザイン空間へと変わっていきます。

以下の2枚の写真をご覧ください。使用している部材は同じですが、雰囲気は全く異なります。

1. 漆喰の壁+茶色のパインの床材
+茶色のサッシ枠

ちょっとした工夫や、家具の一部などにアクセントカラーを用いるだけで洗練されたコンテンポラリースタイルを取り入れることができます。
私たちが日本でモダンスタイルと聞いて想像するのは、スタイリッシュ?でシンプル!・・・。しかし、デザインアイテムとしての素材感という概念がないので、どうしても安易なフェイクのイメージが先行してしまいます。ローコスト系の住宅がこぞってこのスタイルを取り入れていることも、その象徴と言えます。

2. レンガを貼った上から漆喰を塗った壁+白塗装したパインの床材+濃いグレーの窓枠

コンテンポラリスタイル開発に際して、
洗練された住宅デザインを求めて・・・。

この仕事に就く前のお話し・・・。 海外旅行が好きな私にとって、渡航先で見る街並みやホテルは自分の家にも採り入れたいと思う憧れの場所でした。「いつかはこういうリビングに」とか、「こんな色味の壁にしたい」など想いばかりが膨らんでいました。
自分の家づくりのための情報収集では、雑誌で自分の好みスタイルを探すことから始めました。海外の住宅を参考にするなら輸入住宅系の雑誌が良いと思い購入してみたのですが、掲載されている家はどれもトラディッショナルな輸入住宅スタイルで、ちょっと私のイメージと違う・・・。もう少し安らげるような家を求め、天然素材をふんだんに取り込んだインテリア雑誌を見たところ、カントリースタイルだったため、これもイメージと違っていました。
ならば手段を変えてインターネットで「モダンスタイル」「デザイン 家」などのキーワードで検索してみることに。ヒットするのは、確かにカッコよさそうに見えますが、味気なく素材感のないデザインで、なかなか自分の好きなスタイルに出会うことができません。

やはり自分の目と足で好きなスタイルの家を探そう!
そう思い立って世界各地へ出かけ、宿泊したホテルやリゾート地を巡り歩きました。ニューヨークのミッドタウンで泊まったデザイナーズホテルやギリシャのサントリーニ島の真っ白な街並み。どれも斬新なデザインでおしゃれ、それでいて心から安らぐことができる居心地よい空間でした。
現地であきれるほど撮った写真はもちろん、視覚だけでなく五感で感じ取った空気感を、我が家のデザインプランのベースとして生かしました。
これからも、住宅デザインのコーディネーターとして経験を積み重ね、さらに深みと洗練を加えた、空間づくりのお手伝いをしていきたいと考えています。

Case

施工事例

Contact

お問い合わせ

tel/0120-797-535

受付時間:9:00-18:00
定休日:水曜

WEBからのお問い合わせは
こちら→