輸入住宅を始めた背景とリフォームについて

輸入住宅を始めたきっかけ

岡山県・鳥取県で輸入住宅の設計と建築をしている、メープルホームズ津山・岡山です。

今日は少し私のお話をさせてください。
輸入住宅を初めて知ったのがメープルホームズの家(注文住宅)でした。
その時に、こんなデザインが日本に?・・・と感動したのを今でもはっきり覚えています。
その時は、関西で店舗インテリアデザインとパース(完成予想図)を書くお仕事をしていました。
どうしても輸入住宅に関わるお仕事をしたい!設計やデザインをしてみたい!・・・と強く思い、建設業をしていた父の会社に入社して建築士の資格を猛勉強(学生の時もっとしとけば良かったと後悔の日々)建築士・インテリアプランナーと資格を無事取得しました。

そして・・・その当時はまだ、輸入住宅の認知度も低く、みなさん、日本の気候に大丈夫?とかのご不安もありました。
まずは、自分が住んで体感しないと自信をもってお伝えできないのでは?と思い建築。
自分で住んでみての発見も多く、子育ての経験やメリット・デメリットもお伝えしています。
そんな我が家も30年を迎えます。子供も巣立ち、夫婦ふたり生活となって、生活スタイルも変わってきました。自分の家となるとなかなか後回しになっていましたが、そろそろずっと住んでいくためのメンテナンスやリフォームも考えなくてはと思っています。そんな、実体験など少しずつお伝えさせていただきます。

輸入住宅を始めたきっかけ
ダイニングから見える窓風景です。輸入窓はお気に入りで特にダブルハング(上げ下げ窓)が通気性も良くて大好きです。
無垢の床は子供(男の子ふたり)が散々、車のおもちゃに乗り走り回って、傷もありますが、いい感じの光沢と風合いかな・・・と、壁は塗壁のため、汚れが少し気になりだしました。この上に塗れる素材なので、塗り替えをしたいです。

モデルハウスの見学はこちら

関連記事

  1. 暖炉のマントルピース
  2. 海外デザインのリノベーション 岡山県
  3. モールディング

施工事例一覧

  1. アーリーアメリカンの輸入住宅・注文住宅
  2. 岡山県の輸入住宅のモデルハウス
  3. 岡山県津山市の輸入注文住宅
  4. 岡山県津山市の輸入注文住宅
  5. 教会 岡山県津山市の輸入注文住宅
  6. パリスタイルの輸入住宅
PAGE TOP